News

○「無知にもとづく懲罰意識?死刑をめぐる知識と世論」『高千穂論叢』50-2, 23-46.
『行為論研究』第三号が刊行されました。拙稿(「共同不法行為の成立要件:  共有意図なき共同行為」)では、民法の不法行為の構成要件を概観し、哲学的共同行為論に対する意義を、意図論から因果論への展開という観点から論じています。(2013/03/12)

P1000206

○A.Tokuyasu/M.Koabayashi/M.Mori (ed.) Life Course and Life Style in Comparison(2010年日独社会科学会のプロシーディングス)発刊。”Roofs or Jobs First?: On the Poor and Homeless People in Tokyo”と題して、東京の路上生活者について寄稿しました。(2013/03/12)

P1000199

○共著『「倫理」における「主体」の問題』(仲正昌樹編)とThe Interrelation of Phenomenology, Social Sciences and the Arts(ed. by M.Barber & J.Dreher)が刊行されました(2013/12/21)。
それぞれ拙稿は、第八章「共同行為の主体と責務」、chap.1 “Irrelevant Spheres and Vacancies of Artworks: Phenomenological Aesthetics Revisited”です。いずれも一般向けではなく学術書ですが、図書館などでお読み頂ければ幸いです。

P1000508

○2014/1/18(土)上智大学グローバルコンサーン研究所主催シンポジウム「グローバル化時代にデモクラシーを再生できるか:代議制の危機を超えて」にパネリストとし て参加しました。当日の様子はレイバーネットTV(Ustream番組)で中継され、録画を以下のページでごらんいただけます。
http://www.ustream.tv/recorded/42827299
http://www.ustream.tv/recorded/42829597
GlobalConcern20130118

○現代人文社より『熟議民主主義ハンドブック』という翻訳を出版しました。
jyukugi_cover

ddh_ads

Weber21poster_01

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s