Works

■著書

仲正昌樹編, 2013,『「倫理」における「主体」の問題』(叢書アレテイア16)御茶ノ水書房(第八章「共同行為の主体と責務」145-166.)

Michael Barber & Jochen Dreher (ed.) 2013, The Interrelation of Phenomenology, Social Sciences and the Arts, Springer. (Part1: Irrelevant Spheres and Vacancies of Artworks: Phenomenological Aesthetics Revisited,” 11-20.

福井厚編著, 2011, 『死刑と向きあう裁判員のために』現代人文社(第3章「死刑をめぐる<世論>と<輿論>」(佐藤舞・本庄武との共著)65-85頁.

Hisashi Nasu et al(ed.) 2009, Alfred Schutz and His Intellectual Partners, (Part4 “Typification and Inquiry: Schutz’s critical acceptance of Dewey’s notion of inquiry”) 339-366.

Cheung Chan-Fai & Yu Chung-chi (eds.) 2007, Phenomenology 2005 – vol.1 Selected Essays from Asia, Zeta books, (“From Intimacy to Familiarity: On the Political Constitution of the Life-World,”) , pp:311~334. PDF

■翻訳

アルフレッド・シュッツ、トーマス・ルックマン、那須壽監訳、大黒屋貴稔、木村正人、鳥越信吾訳、2015、『生活世界の構造』ちくま学芸文庫

ジョン・ギャスティル、ピーター・レヴィーン編著、津富宏・井上弘貴・木村正人監訳、2013、『熟議民主主義ハンドブック』現代人文社

科学・技術・倫理百科事典』2012年、丸善出版(「マックス・ウェーバー」「レオ・シュトラウス」「エーミル・デュルケム」「仕事」の各項目)

ゲルト・シュミット「相対主義から生の哲学へ」、2004年、『文化と社会』(5), マルジュ社

■学術論文

「共同行為と諒解:M.ヴェーバーによる共同志向性の理論」2018, 行為論研究会編『行為論研究』4, 1-24。

“Scenarios for giving up the Death Penalty” 2018, M. Kobayashi, G. Trommsdorff, C. Hommerich (ed.) Trust and Risks in Changing Society217-227.

「死刑廃止のシナリオ:実験計画法にもとづく態度変容の研究」2017(早稲田社会学会『社会学年誌』58

「社会学教員がみる高等教育レリヴァンス」2016 『学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究』(2013年度~2015年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書)149-165.

河合幹雄・葛野尋之・木下麻奈子・平山真理・久保秀夫・木村正人, 2015, 「刑罰とりわけ死刑に関する全国意識調査基本報告書:2014年3月調査」『桐蔭法学』22(1):1-65.

「無知にもとづく懲罰意識?死刑をめぐる知識と世論」2015『高千穂論叢』50-2, 23-46.

共同不法行為の成立要件:  共有意図なき共同行為 」2014 行為論研究会編『行為論研究』(3)145-161頁

”Roofs or Jobs First?: On the Poor and Homeless People in Tokyo”, 2014,  A.Tokuyasu/M.Kobayashi/M.Mori (ed.) Life Course and Life Style in Comparison, 83-98.

シラバスにみる社会学知の変遷:分野別開講状況と科目名の動向」2010 那須壽編『知の構造変動に関する理論的・実証的研究』2007-2009年度科学研究費補助金(基盤B)研究成果報告書、11-32頁

意志と行為の現象学:ヒルデブラント・ライナー・シュッツ」 2010  行為論研究会編『行為論研究』(1)13-31頁

Kimura, Masato, 2009, “Typification and Inquiry,” Hisashi Nasu, George Psathas, Ilja Srubar and Lester Embree eds., Alfred Schutz and His Intellectual Partners, UVK, 339-63.

ポピュリズム再考:指導者民主制と決断主義」 2006  森元孝編著『ポピュリズムとローカリズムの研究:東京の同化・統合のリソース』(2005年度~2006年度 科学研究費補助金 研究成果報告書)

シュッツはデューイ『論理学』をどう読んだか 2005 『早稲田大学大学院 文学研究科紀要』(51

A.Schutz and J.Dewey: Their Inquiries into the Logic of Everyday Life 2004  那須壽編著『アルフレッド・シュッツによる蔵書への「書き込み」の研究』(2001年度~2002年度 科学研究費補助金 研究成果報告書)

「生活世界と人格――シュッツにおける〈理論と実践〉」 2004 早稲田大学院生研究会,『ソシオロジカル・ペーパーズ』(13) PDF (校正前原稿です。引用の際は、出版された雑誌をご参照ください)

「類型化と探究――シュッツによるデューイ探究概念の批判的受容」, 2004, 早稲田社会学会, 『社会学年誌』(45)

■研究報告

“ Lay Judge, Common Sense, and Cruel Punishment,” German-Japanese Society for Social Sciences, International Symposium: Crisis of Democracy? Chances, Risks and Challenges, 16 March 2018, University Osnabrueck, Germany.

“Beyond cruel punishment and the boundary of culture: on lay judgments of death,” International Conference on Cross-Cultural Studies and the Humanities(台湾國立中山大学文學院「文化跨界中的人文研究」國際學術研討會議)14 Dec. 2017, Kaoshung University, Taiwan.

「共同行為と期待の循環:戦間期ドイツの社会学理論と現象学」日本現象学会第39回大会シンポジウム「共同行為の現象学:現象学と現代行為論の接点を探る」2017年11月11日大阪大学.

“Misinformed Citizen and Public Opinion: In the Case of Japanese Death Penalty”  III. Conference of The International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science, “The Symbolic Construction of Reality” May 8, 2016, Waseda University.

河合幹雄・木村正人・葛野尋之・木下麻奈子・平山真理・久保秀雄「人々の刑事司法についての知識:2014年全国意識調査から」日本犯罪社会学会第42回大会、2015年11月21日、桐蔭横浜大学.

“Scenarios for giving up the Death Penalty” 13th Meeting of German-Japanese Society for Social Sciences “Trust and Risks in Changing Societies”9 Oct., 2015, German Institute for Japanese Studies (DIJ).

“Misinformed Citizen: Retributive Minds and Public Supports for the Death Penalty in Japan” 2015 EALS TOKYO (The 4th East Asian Law & Society Conference) 5 August, 2015, Waseda University.

「無知にもとづく懲罰意識?:死刑の世論と情報効果」2015年度日本法社会学会学術大会ミニシンポジウム 「死刑と厳罰の意見はどうすれば変わるのか」 , 2015年5月10日, 首都大学東京.

“Who Support the Death Penalty in Japan?” XVIII ISA World Congress of Sociology, (Social Systems and Legal Systems. Part II), 14 July, 2014, in Yokohama.

“Reasons of Action and Freedom: Alfred Schütz in the current discussion of metaethics,” Life-World, Politics and Power”II. Conference of The International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science, April 23, 2014, Fundacion Williams, in Buenos Aires.

「路上の声を聞く: Street Democracy in the light of Homelessness」上智大学グローバルコンサーン研究所第33回国際シンポジウム「グローバル化時代にデモクラシーを再生できるか?:代議制の危機を超えて」33rd International Symposium Revival of Democracy in the Global Age?: Beyond the Crisis of Representation.2014年1月18日、上智大学

「過失犯の論理と相当因果:H.Welzelの行為論と現象学」第5回ヴェーバー研究会21「ヴェーバー理解社会学の方法論再考:理解と客観的可能性」2013年3月16日、東洋大学

“On Negligence Liability” The International Alfred Schutz Circle for Phenomenology and Interpretive Social Science, Founding Meeting, 2012年5月24日, New School for Social Research, NYC.

「因果と理由の公共性:デューイとシュッツの行為論」第103回公共哲学京都フォーラム「公共する人間デューイ」2011年6月11日、神戸ポートピアホテル

Roofs or jobs first? On the poor and homeless people in Tokyo The 11th Meeting of German-Japanese Society for Social Sciences, Life Course and Life Style in Comparison, 2010年10月, Hosei University.

「〈討議する民〉の懲罰意識:死刑制度に関する審議型意識調査の知見から」2009年10月17日犯罪社会学会 (2009年10月17日 北九州市立大学)『日本犯罪社会学会第36回大会報告要旨集』

「死刑の理由:死刑制度に関する審議型意識調査の結果から」2009年10月, 第82回日本社会学会大会 (2009年10月11日 立教大学) 

Phenomenological Aesthetics Revisited: On the sphere of irrelevance and vacancies of artworks International Conference: Phenomenology, Social Sciences, and Arts, 2009年5月, Konstanz University, Germany.

「投企と企図について:意志の現象学序説」2008年12月, 第25回日本現象学社会科学会シンポジウム「現象学的行為論の可能性」提題報告

「講義要綱(シラバス)にみる学知の変遷(2)分野別開講状況と科目名の動向」2008年11月, 第81回日本社会学会大会  ※大貫恵佳氏との共同報告

Traceable Society: Traceability and Architectural Control, 2008年3月, The International Study Program (ISP) City and Consumption, Public Lecture 1, at Waseda University, Tokyo, JAPAN.

「正常性とレリヴァンス:規範性の現象学に向けて」, 2007年12月, 第24回日本現象学・社会科学会大会 一般報告

「シュッツと合理的選択の理論:二階の選択について」, 2006年10月, 第79回日本社会学会大会 一般報告

「ポピュリズム?:指導者民主制と決断主義」, 2005年10月, 第78回日本社会学会大会 一般報告

“Intimacy and Familiarity: On the Political Constitution of the Life-World,” 2005年8月, II OPO Meeting, Organization of Phenomenological Organizations, Lima, PERU

「シュッツはデューイ『論理学』をどう読んだか」, 2004年11月, 第77回日本社会学会大会 一般報告

“Toward Elucidating A Phenomenon of Relevance,” 2004年10月, Society for Phenomenology and Human Sciences, Memphis, USA

“A. Schutz and J. Dewey: Their Inquiries into the Logic of Everyday Life,” 2004年4月, International Conference: “Alfred Schutz and his Intellectual Partners,” at Waseda University, Tokyo, JAPAN

「レリヴァンス一般理論と価値自由:シュッツ=フェーゲリン論争の再構成」, 2003年10月, 第76回日本社会学会大会 一般報告

「ポピュリズム」, 2003年7月, 第22回早稲田社会学会研究例会

「親近性概念の実践化(Pragmatisierung):シュッツ知識論とプラグマティズム」, 2002年11月, 第75回日本社会学会大会 一般報告

“Typification and Inquiry: Experience as Problem Solving Process in Schutz’s and Dewey’s Perspective,” 2002年10月, Society for Phenomenology and Human Sciences, Chicago, USA

「類型化と探究:シュッツとデューイにみる『問題解決』的実践観」, 2002年9月, 現代社会理論研究会大会

「〈アルキメデスの点〉に立つのは誰か?:シュッツとデューイの学知と日常知」, 2002年7月, 第54回早稲田社会学会大会 一般報告

 

■その他の社会活動

2012/9/22 高千穂大学父母会 文化講演会「貧困問題の現在:生活保護バッシングの問題点」みまつホテル(茨城県水戸市)
2012 高千穂大学 一般公開講座 人間科学部総合科目A(2011)「無縁社会の現状と行方」(全11回)
2011/11/27 NPOボンドプロジェクト講演「生きづらさと社会:自分を責める若者たちへ」
2011/10/15 杉並区図書館ネットワーク講演会「無縁社会の現状と行方」杉並区立中央図書館
2011 高千穂大学父母会 文化講演会「生きづらさと社会:核の論理と非正規雇用」
2010 高千穂大学父母会 文化講演会「コミュニケーション論の社会学的基礎:若者の能力低下言説を事例に」

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s